モリフロッキーの加工紹介

全国的なイベントから、学校やチーム、アパレルや個人からのご依頼まで

モリフロッキーは「シルクスクリーンプリント」を柱として日産1万枚加工も可能にするプリント工場。近年では第二工場を併設し「インクジェットプリント」専用の工場としてもフル稼働しています。みなさまの作りたいものを、作りたい時に、作りたいだけ、実現いたします。

シルクプリント

インクでプリントするメジャーなプリント方法です。

インクジェットプリント

専用印刷機で生地へ直接顔料インクを吹きつけてプリントする方法です。

フルカラー転写

転写紙へ印刷したものを熱転写して加工する方法です。

フロッキー(転写)

毛羽立たせたシートの裏面に糊をプリントして、できたマークを熱接着する加工です。

カットマーク

カッティングシートをレーザーでデザインの形にカットして熱接着する方法です。

刺繍

刺繍糸で表現する立体感は高級感もあり、さまざまなアイテムにも使えるので、制服やユニフォームによく使われます。


シルクプリントは色数の分だけ「版」が必要なので、色の数が価格に影響しますが、加工枚数が多いほどプリント単価はお安くなり、多く作りたいときにおすすめです。

インクを使い分けることでいろんな表現ができ、シルバー・ゴールドなどのメタリック,ラメや発泡や箔などの個性的なことができるのもシルクプリントの特徴です。
お気軽にご相談ください。



白Tシャツには白インクを使わずそのままプリントするので、生地に馴染んで柔らかくなめらかに仕上がり、価格も抑えることができます。濃色生地には下地に白インクを敷いてからカラーインクを印刷するので、生地色の影響をあまり受けずに表現することができます。
インクジェットプリントは素材やデータ環境などにより仕上がりに多少の誤差が生まれてしまうのも特徴で、またその違いを楽しむのもオリジナル制作の楽しみ方ともいえます。
モリフロッキーでは第二工場をインクジェット専用工場として小口〜大口までフル稼働生産中!  新しいサービスにも挑戦していきます!

(インクジェットプリント加工に関する注意点・おことわり)
★アイテムの素材は綿素材を推奨しています。
★同じデータを使用してプリントした場合でも,ボディの色や素材の影響により仕上がりの色が変わる場合があります。特に白地へのプリントとカラー地へのプリントでは差が大きくなります。
★他社でプリントされたものと全く同じ仕上りにすることはできません。
★PANTONEやDIC等による色指定はできません。
★金や銀のようなメタリック色や蛍光色はできません。
★仕上りにこだわりがある場合にはサンプル出力(有料)で確認をしてからの量産プリントをお勧めします。

(インクジェットプリント加工製品のお取り扱いについて)
・加工に酢酸系処理剤を使用しておりますので、製品から酸っぱい匂いがします。袋詰めをしてお届けの商品の場合は密封されることで特に強く感じられる場合があります。匂いが気になる場合は,着用前に風通しの良いところに2~3日掛けて匂いを飛ばすことをお勧めします。又、この匂いは洗濯で充分に消えるもので、身体への影響はありません。
・到着後すぐの洗濯はできるだけ避けてください。シルクプリントとは違いインクジェットプリントは加工後に時間が経つほどインクの乗りが安定します。加工から納品までの時間によっては色落ちしやすくなる可能性があります。どうしても気になる場合は,洗剤・洗濯機を使用しない,軽い押し洗い程度にしてください。


(フルカラー転写加工に関する注意点・おことわり)
柄の外周をカットする形になるので,柄の周囲にフチがつきます。


(フロッキー加工に関する注意点・おことわり)
フロッキーシートのカラーは単色・基準色のみです。オリジナルカラーや多色のシートはできません。
基準色についてはお問い合わせください。
枚数・デザインによって価格が決まりますので、お見積もりはお問い合わせください。


(カットマーク加工に関する注意点・おことわり)
カッティングシートのカラーは、単色・基準色のみですので、オリジナルカラーや多色のシートはできません。
シートをカッティングするため、細かいデザインや複雑な文字などは作ることができません。
デザインや使えるフォント(文字)については必ずお問い合わせのうえ、デザインを作成してください。